チャレンジカフェから巣立った人たち

素敵なお客さまとの出会いが私の宝物

エステサロンhana美
   大槻 順子さん
連絡先:090-3725-2241
ご来店いただいたお客様に、よりきれいに、そして元気になってほしい。そんな願いを持ってオープンされたエステサロン、「hana美」。丹波の女性がもっと「自分自身」を大切にしてもらえたらと語る大槻さんに、お店をオープンさせた経緯や想いを語っていただきました。
  • Q.
    大槻さんはもともと、美容やエステに興味を持っていらしたのですか?
    A.
    はじめは化粧品メーカーに勤めていたのですが、就職したころはそれほど興味があったわけではないんです。ただ美容部員としてお客さまにメイクやマッサージをするうちに、女性がきれいになって、元気になってくれるということに興味を持つようになりました。その後、再就職した先で今サロンでも行っている「ソニックエステ」と出会いました。
    6
    エステサロン「hana美」外観
  • Q.
    エステに携わるようになったころから独立を考えていたのですか?
    A.
    始めは全くその気がなかったんです。ずいぶん前から、お客さまには「独立したら?」と声をかけてもらっていたのですが、自分には無理だと思っていました。
  • Q.
    それが、どういったきっかけで独立することに?
    A.
    私、毎年初めにその年の目標を立てているんですけど、去年の初めにふと、「今年は自分を変える年にしよう」と思えたんです。それまで腰まで伸ばしていた髪もバッサリ切って、それまでの過去のことも、考え方を変えられるようになって。その時ふと、誰に何を言われたわけでもないんですけど、「独立しようかな」という想いがわいてきたんです。そのタイミングで、お客さまからチャレンジカフェの話を教えていただいて、行かせてもらいました。
    5
    エステサロンhana美 看板
  • Q.
    チャレンジカフェではどのようなことを学びましたか?
    A.
    経営していくに当たっての売り上げの計算とか、仕事をするにあたって必要なものや、準備の仕方とか、実際的なことを細かく教えてもらいました。それまでお店の経営について何も知らなかったので勉強になり、今も役に立っています。
    4
    エステサロンhana美 内装は落ち着ける空間に
  • Q.
    実際に起業されてみて、難しいこともありましたか?
    A.
    すべて自分のこの腕にかかっているのでプレッシャーを感じることもありました。オープンするときにチラシを配らせていただき、「どんなお客さまが来られるのだろう」とドキドキしていましたが、実際、本当に素敵な方ばかり来て下さっています。年齢層は20代から70代ととても幅広く来ていただいています。皆さんエステできれいになり、元気になって帰って行って下さるのですが、私にも気配りをいただくことが多く、「私は本当にお客様に恵まれている」と、感謝の気持ちでいっぱいです。
    1
    ↑お客様にいただいた作品などが、店内に飾られています。
  • Q.
    幅広い方に喜んでもらえるエステなのですね。
    A.
    はい。このソニックエステは、クレンジング(メイクや表面の汚れをジェルで落とす)、ソニックスライバー(超音波で古い角質等を取り除く)、ソニック(超音波の微振動でお肌を活性化する)、ポレーション(美容成分を電気パルスを用いて深層へ送り込む)、クレイマスク(泥パックでお肌を整える)というのが一セットになっています。お客様、本当にきれいになられてます。また、お話をさせていただきながらエステをして、サービスでマッサージもさせてもらうと、「スッキリ疲れが取れた!」と言って、喜んで帰っていただいてます。
    3
    店内では、お客様手づくりのアクセサリーの販売も
  • Q.
    そういった姿を見られるのは、大槻さんにとっても嬉しいことですね。
    A.
    はい!女性が元気になっていくのを見るのがとても好き。きれいになると、元気にもなられますよね。まだまだエステは贅沢なことだと思われていて、特に家庭のある女性は自分のことを後回しにしてしまうところがあると思います。働いて、家のことや子育てもして、その生活の中で自分に目を向けることは、全然贅沢じゃないと思います。エステは、続けることでどんどんきれいになっていきます。自分の内面の気持ちも意識も変わるので、もっと多くの女性に知ってほしいなと思っています。ここではお一人につき90分は時間を取らせていただいて、ゆっくりリラックスできる時間を過ごしてもらえたらと思っています。
    7
    サロン内にはお着替えスペースやメイクスペースなどの気配りも
  • Q.
    そんな大槻さんの、これからの展望をお聞かせください。
    A.
    今年の初めに、エステ回数の目標を設定しましたが、それはおかげさまで達成させていただきましたので、来年に向けて色々と考えているところです。お客さまに本当によく支えていただいたので、何かお返しがしたいと思っています。「hana美会」というお食事会を開いて、お客さま同士の交流の機会を持つことも夢の1つです。丹波市の中で人と人とのつながりが大切だと考えているので、ぜひ実現したいですね。


    Info
    669-3602
    丹波市氷上町常楽485-1
    甲北タウン2号室
    TEL 090-3725-2241
    営業時間 09:00~20:00
    定休日 不定休

    完全予約制・予約は2週間前までにお願いいたします。