チャレンジカフェから巣立った人たち

丹波栗きん豚の、みんなを笑顔にする豚まん
「手づくり豚まんの店 吉吉」
吉見憲明さん 順子さん
連絡先:090-4649-1094
丹波市内で生まれ育ったご夫婦が、2016年冬、丹波栗きん豚でつくる「手づくり豚まんの店 吉吉」開業。イベントでの出店や、土曜日の「ショッピングセンターアルティ」内サンウエキでの販売などを行い、そのふんわりもちもちした食感、ジューシーな味わいが地域の大人から子どもまで愛され、話題となっています。この美味しい豚まんができるまでを思うと、「感謝しかない」と語る吉見さんご夫妻。ここではその起業秘話にせまります。
人ともっとつながれる、ふるさとのレストラン
キッチンたわや
オーナーシェフ 田和 亨さん
連絡先:0795-78-9354
春日町古河に2016年6月にオープンした洋食屋さん、「キッチンたわや」。オーナーシェフの田和亨さんは丹波市春日町で生まれ育ち、大阪のホテルのレストランで修業を積まれました。その後大好きなふるさと丹波へUターンし、レストランを開いた田和さんに、これまでのあゆみと仕事にかける想いを伺いました。
丹波から全国へ「深い満足を届ける」パン職人
「HIYORI BROT」
塚本久美さん
パンを買うページ:https://hiyoribrot.stores.jp/
連絡先:hiyoribrot@gmail.com
丹波市氷上町に、小さなパン工房が生まれたのをご存知ですか?厨房は氷上町に、そして販売は全国に。店頭販売は行わず、パンは三種類のお任せセットのみ。そして店主の塚本久美さんは、丹波市出身でもなく、2016年3月に丹波市に移住してきたばかりなのだとか。ちょっとふしぎな、新しいパン工房にお邪魔しました。
素敵なお客さまとの出会いが私の宝物
エステサロンhana美
大槻 順子さん
連絡先:090-3725-2241
ご来店いただいたお客様に、よりきれいに、そして元気になってほしい。そんな願いを持ってオープンされたエステサロン、「hana美」。丹波の女性がもっと「自分自身」を大切にしてもらえたらと語る大槻さんに、お店をオープンさせた経緯や想いを語っていただきました。
経験に基づき調合したハーバルで元気に美しく
いやしのガーデン
梅田秀男さん・絵里さん
連絡先:0795-78-9808
山南町畑内のご夫婦が自宅に野草やハーブをテーマにしたスペースをオープン。 薬草の蒸気で体を温める「ハーバルスチーム」やハーブを使った焼菓子を販売しています。
人と人とをつなぐ、商店街のパン屋さん
パンの蔵 穂音 
齋藤嘉猛さん
連絡先:0795-78-9460
柏原町中心市街地、商店街に2015年10月、パン屋さんがオープンしました。
和テイストの外観と、白壁の明るい内装のコントラストも楽しい、可愛らしいパン屋さんです。
経営する齋藤さんご夫婦は、神戸からのIターン。移住と起業にまつわるお話を伺いました。
絶景の中で味わうこだわりドイツパン
丹波 穂のWonne
代表 岩坪良彦さん
連絡先 0795-86-8156
市島町与戸、緑豊かな風景の中、テラス席のある開放的なパン屋さんがオープンしました。こだわりのドイツパンに氷上町の「バイエリッシャーホーフ」のソーセージを合わせたホットドッグランチも人気で、パンやケーキのテイクアウトもできる、特にハード系パンが好きな人にはたまらないお店です。
高い技術で安心・信頼してもらえるサロンに!
ネイルサロン
「chLoe(クロエ)」
田中紗季さん
予約連絡先 (0795)78-9925
(番号が変わりました)
丹波市にネイルサロンができたのをご存知ですか?
柏原駅前、ガーデン栢の1Fにネイルサロン「chLoe」がオープンしたのは、2015年1月。
それから口コミ、インターネットで話題になり、丹波市内外のお洒落な女性たちがたくさん訪れています。
懐かしい風景の中で味わうほっこりとした時間
農家レストラン「千華」
生田智子さん
丹波市山南町北太田、日本の原風景を思わせる集落に、新しく農家レストランがオープンしました。高台にある古民家を改装した店内からは緑豊かな絶景が一望でき、別世界に来たような非日常感を味わうことができます。
12