チャレンジカフェから巣立った人たち

フランス料理の味を肩の凝らない洋食メニューに

「森のレストラン あれっと」 
  代表者 鈴木明日香さん
連絡先 0795-80-7336
洋食店「森のレストラン あれっと」が2014年7月オープンしました。 丹波市青垣町大名草の国道429号沿いにある、鈴木明日香さんが経営する洋食店「森のレストラン あれっと」です。

惜しまれながら2009年に閉店したアマゴ養魚と料理店 「三渓園」 跡をそのまま利用し、客室は杉木立の中にあるバンガロー。店の前にはアマゴを養殖していた加古川源流の透んだ水をたたえた池があり、川のせせらぎが聞こえる抜群のロケーションです。

鈴木さんと、 鈴木さんの両親、 小田義之さん、直子さんの家族で切り盛りしています。義之さんが還暦を迎えたことから「いなかで暮らそう」と、京都市役所裏手で16年間営んでいたフランス料理店「あれっと」 を閉店し、直子さんのふるさと青垣にUターンしました。

直子さんの母が三渓園を手伝っていた縁で、一等地を借りることができたのだとか。

料理担当は義之さんで、 京都時代はフランス料理店でしたが、肩の凝らないメニュー、 フランス料理っぽい洋食店にと、アラカルトのパスタやオムライスは900円から、 最高級の但馬牛のタンシチュー、 テールシチューでも1,800円と価格もリーズナブル。ワインは、赤は8年、白は3年以上熟成したものを提供し、 野菜は直子さんの実家で取れる無農薬野菜を使っています。

客室は、三渓園でアマゴの塩焼き用に作られた炉や囲炉裏をそのまま生かした椅子席と、 木づくりの座敷席があり、義之さんは、「手に入れたくても入れられない最高の、貴船のような場所を借りられ、感謝している。山菜や季節の野菜を料理に取り入れていきたい」と言い、鈴木さんは、「ゆっくり自然を楽しんでもらえれば」と話しています。

 

「森のレストラン あれっと」

兵庫県丹波市青垣町大名草1322-1

営業時間11:00~21:00(ラストオーダー20:00、休憩なし)、毎週月曜日

TEL:0795-80-7336

コース料理は昼も夜も、A(3,500円)、B(1,800円)の2種類。その他、ケーキセット(800円)などもあり。

 

※写真は「森のレストラン あれっと」を経営する鈴木さん(中央)とご両親の小田さん夫妻

記事・写真ともに丹波新聞より